RSS

Linea BRIDLE

Linea BRIDLE -by Italian leather-

DaVinciFARO - BRIDLE series
Italian leather wallet collection

耐寒と堅牢度の為の蜜蝋技術の英国人技師が、薄寒い空の英国から、陽光が恵まれ豊かな大地のトスカーナに移住した。そこは、中世より世界を支える革産業集積地だ。英国ブライドルが、イタリアへ渡り、昇華した、イタリアン・ブライドル・レザー。その素晴らしき人の繋がりと職人達のリスペクトで、更なる高みを実現した。

FROM
Alba Adriatica

DaVinciFARO - by Alessandro
-the bag for Italian touring life

アドリア海を望む街から、トスカーナの並木道を通り、革ギルドの街フィレンチェへ赴く若き職人が、自身の為に作ったイタリア暮しを支える機能派バッグが始まり。父であり師である巨匠に学び、イタリアの技術と情熱が生んだ逸品が人気の秘密だ。

Via Toscana

オフィスの裏はオリーブ畑!

風光明媚はトスカーナならでは。なんとオフィスの裏山に農園を手伝うアレクサンドロ氏。家族的な親近感は筋金入り。

そして、中世からのギルド、革職人組合の街へ。

フィレンチェ旧市街の中心部サンタクローチェ教会広場に居とアトリエを構えるアレク。

To Atelier,

Atelier in Firenze-SantaCroce
-Maestro, make leather in Italy

革職人ギルドが集まる広場に、アレクはアトリエを構えて、顔を見て語り合う。人と人の触れ合いから技術が高まり逸品が生れる。工房直結ゆえの確かな品質とハンドクラフトの温もりは、アレクの情熱により、イタリア現地で育む。

家族主義が今も色濃く残るトスカーナで、中世以来の革タンナーは、今も手仕事に価値を認め、今尚、伝統工法を守り、作り続けている。

アレクは職人兼デザイナー。父であり師である巨匠に付いて学び、習得した。

世界のラグジュアリーは革素材の開発と調達をここイタリアに頼るのは歴史的な経緯である。

アレクは実際の手の温もりが伝わる手仕事を大切にする。職人気質が、慕われるのはここイタリアならではである。

イタリアだからこその確かな品質、そして、工房直結ゆえの魅力のコストが嬉しい。アレクサンドロの職人気質と、フィレンチェの傍に居るからこそ出来るその仕事は、実際にその手に取って、ご覧ください。満足頂ける逸品です。彼の情熱とイタリアの伝統と技術の凄味を垣間見て、至高の革を満喫下さい。

Linea:BRIDLE-Series Lineup シリーズ品一覧

  • Linea:TUTTO BLOOM
  • Linea:BRIDLE MISTO
  • Linea:BRIDLE MISTO
  • Linea:BRIDLE MISTO CASE

Back

maestro

maestro_main


DaVinci FARO
from Adriatica to Toscana

The bag for beautiful Italian life and family
designed by Alessandro Candelori


イタリアのバッグデザイン界で、ラグジュアリーブランドを中心に33年の経験を誇り、今尚新たなデザインを制作し続ける巨匠マエストロとして著名なGabriele Candelori氏。



今尚、現役でイタリア最大手=アルマーニのバッグを手掛けており、イタリアでは信頼が厚く、遠く米国NYからもオファーが多く、あのステラマッカトニーのバッグも手掛けて、世界的ヒットを飛ばし続けている。イメージを汲み取り、イタリア伝統のアルテで表現する。 「使う人の”文化と習慣を包む」というバッグの本質と、デザインを融合する才能は秀逸だ。



その巨匠の長男がAlessadro Candelori 氏だ。 徒弟制度さながら、父として師として仰ぎ、幼少期より6年間学び続けている。DaVinci FAROの若きArtDirector は、その巨匠の子弟=Alessandro Candelori氏である。



maestro_01

maestro_02-03

巨匠に学んだ熟練職人にして、若き感性のアレクサンドロが、顧客の高級メゾンに活用するアルテを存分に奮いながらも、普段の暮しに便利で、自身の使うモノを包み、走る時に背負う為に作った”Tourista”バッグが、人気となる。「イタリア人による、イタリア人暮しを支えるバッグ」 それがDavinciFAROの由来である。



心掛けているのは、「手のぬくもりが伝わる仕事」。イタリア人らしい家内工業制の工房にて父から子へ引き継がれ、手作業をミリ単位の細かさで仕上げていく大切さを護り続ける。共に働く、家族的な絆がとても大切な世界で過ごしてこそ、伝わるアルテだ。



maestro_04

maestro_05-06

イタリアのローマから、アペニン山脈を越えて東へ3時間、アドリア海に面する風光明媚な街、アルバアドリアティカ。イタリア語で、アドリア海の登る朝日と謂う意味が表す通り、その自然の美しさでも歴史的に定評がある。その街で生まれ育ったカンデローリ親子。今尚、自身のアトリエはアルバに構えている。



デザインから素材開発、更にはバッグの型紙、プロト制作も自身で手掛けるイタリアでも貴重で珍しい資質と技能の両方を併せ持つ職人兼デザイナーであり、その職人気質さは、イタリアの伝統工法に裏打ちされたアルテに支えられている。



そのアルバアドリアティカから、歴史の街フィレンチェへ向かう。トスカーナの豊かな大地の恵みに支えられて、中世以来、職人組合ギルドの時代より、革素材の産業集積地だ。イタリアン・バイクを駆り、海の街と歴史の街を行き交うアレクサンドロ。その大事なツールを”包み”、”背負う”バッグ。



maestro_07

イタリア人ならではの、手仕事で、伝統を重んじ、革新を続ける。
その歩みを支えるのは、家族的な、イタリア人らしい絆と、美しい人生かも知れない。
”Vera Vita =、beautiful life" 日本でも、このイタリア人の暮し、手仕事、人生をアレクサンドロと共に知って欲しい。
いつか、アルバアドリアティカか、トスカーナで、こんなディナーを共にしましょう。


ALBA Adriatica_introduction

alba_adriatica_head


ALBA Adriatica



- Our home town - "ALBA adriatica"
我らが、生まれ故郷、郷土愛に包まれた街、”アルバアドリアティカ”

アレクサンドロが生まれ育った街、アルバアドリアティカ。今も父であり師である巨匠に学び、バッグを作り続けている。子弟として師事して既に6年間が過ぎた今、イタリア伝統の革産業集積地たる、歴史の街フィレンチェの現場へ向かい、打合せと素材を任さる迄の信頼を結ぶ。だからこそ、若者らしくイタリアン・スリーターを駆り、海の街アルバアドリアティカから、トスカーナの大地を颯爽と走り抜け、幾つもの季節を漫喫する。



alba_a1
>>more photo


so beautiful ocean front, besides hill station town
美しきアドリア海に面して、その上、豊かな丘陵を望む街
alba_b1
>>more photo


Studio and Bottega in our Home town
我が街で馴染む、デザインスタジオと工房
alba_c1
>>more photo


Italian beautiful life and Happy friends
愉快なイタリア人が教えてくれる、”美しき哉。我が人生、そして仲間”
alba_d1
>>more photo


Via Toscana_introduction

alba_adriatica_head


Via Toscana
Fine landscape, Luxury strada.

"Via Romana", from Alba to Firenze, luxury roads
Land flowing with milk and honey, "that's Toscana"

ローマ街道を、海の街から、歴史の街へ世界が憧れる、トスカーナの”豊かな大地を通って”

世界で最も美しい田園風景と称される”トスカーナ”、豊かな大地の恵みは、欧州全域の植栽苗木を育てられている事でも有名で郷土料理も愛されていて、伝統的に家族親族、皆総出で農作業を助け合ってきた風土から、本当に家庭的な人柄が、訪れる人、触れ合う人々を笑顔にする、イタリア人ならではの感性が磨かれる地方でも有る。若いアレクサンドロが極めて、家族的なイタリア人なのは必然であった。



toscana_a1
>>more photo


The Townscape of Medieval Italy
中世の城塞都市は、今でも美しい。イタリア人の暮し、スローライフ。
toscana_b1
>>more photo

Enjoy Aguriturismo! Italian most beautiful landscape Toscana,
最も美しいランドスケープ、アグリツーリズモへようこそ。
toscana_c1
>>more photo

Quota 500m Fine Toscana Winery
標高500m、スーパートスカンにキャンティに、郷土の恵み
toscana_d1>>more photo

Firenze_introduction

alba_adriatica_head


To Atelier,
Piazza di SantaCroce,
Firezne

Traditionale, Storia e Tecnica

Traditional, Historical and Fine Craft Work
街全体が美術館と謂われるフィレンチェ=世界遺産、欧州文化首都

永き自治の歴史を引き継ぐ、職人組合共同体であったフィレンチェの街。伝統と歴史と、そのアルテ=技術を至高の誉れ、誇りとして今なお、伝統を引き継ぎ、手のぬくもりが解る、クラフトワークを護り続けている。だからこそ、欧州ラグジュアリーメゾンは、LVだろうとエルメスだろうと、このトスカーナ地方で革素材を調達している。アレクは父の使命をうけ、このギルド時代からの中心街にアトリエを開き、素材開発に携わっている。



firenze_a1
>>more photo

Arti di Cuoiaio -Guild of Firenze tradition since 1281
ルネッサンス時代以前より、職業組合としての伝統=革産業の誇り
firenze_b1
>>more photo

World wide No1 industrial clusters
世界最大、最高の、革産業集積地=サンタクローチェ
firenze_c1
>>more photo

Toscana slow food, happy freiends,
一番の調味料は”愛情込めて”、言い切り胸を張るイタリア人
firenze_d1
>>more photo

Media & News

media_and_news_tobira


Media & News

FINE_201809_0 FINE_201809_1 FINE_201809_2 LEON_201809_0 LEON_201809_1
Fine Sep 2018 Fine Sep 2018 Fine Sep 2018 LEON Sep 2018 LEON Sep 2018
LEON_201808_0 LEON_201808_1 mens_club_201809_head mens_club_201809_1 mens_club_201809_2
LEON Aug 2018 LEON Aug 2018 MEN'S CLUB
Sep 2018
MEN'S CLUB
Sep 2018
MEN'S CLUB
Sep 2018
mens_ex_201808_head mens_ex_201808_1 LEON_201807_0 LEON_201807_1 oceans_201807_head
MEN'S Ex
Aug 2018
MEN'S Ex
Aug 2018
LEON Jul 2018 LEON Jul 2018 OCEANS Jul 2018
oceans_201807_1 oceans_201807_2 oceans_201807_3 oceans_201807_4 tv_station_Wcup_0
OCEANS Jul 2018 OCEANS Jul 2018 OCEANS Jul 2018 OCEANS Jul 2018 TV STATION 2018
World Cup RUSSIA
tv_station_Wcup_1 leon_201806_head leon_201806_1 leon_201806_2 leon_201806_3
TV STATION 2018
World Cup RUSSIA
LEON Jun 2018 LEON Jun 2018 LEON Jun 2018 LEON Jun 2018
leon_201806_4 oceans_201806_head oceans_201806_1 oceans_201806_2 uomo_201806_head
LEON Jun 2018 OCEANS Jun 2018 OCEANS Jun 2018 OCEANS Jun 2018 UOMO Jun 2018
uomo_201806_1 engin_1806_head engine_1806_1 snap_leon_2018ss_head snap_leon_2018ss_01
UOMO Jun 2018 ENGINE Jun. 2018 ENGINE Jun. 2018 SNAP LEON
2018SS
SNAP LEON
2018SS
snap_leon_2018ss_02 redan_1805-06_head redan_1805-06_1 leon_1805_head leon_1805_1
SNAP LEON
2018SS
REDAN May-Jun.
2018
REDAN May-Jun.
2018
LEON May 2018 LEON May 2018
leon_1805_2 leon_1805_3 leon_1805_4 uomo_1805_head uomo_1805_1
LEON May 2018 LEON May 2018 LEON May 2018 UOMO May 2018 UOMO May 2018
nikkeixleon_180324_head nikkeixleon_180324_1 TOKYO_Calendar_1805_head TOKYO_Calendar_1805_01 oceans_1805_head
NIKKEIxLEON
2018.3.24
NIKKEIxLEON
2018.3.24
TOKYO Calendar
May 2018
TOKYO Calendar
May 2018
OCEANS May 2018
oceans_1805_1 oceans_1805_2 oceans_1805_3 oceans_1805_4 safari_may_head
OCEANS May 2018 OCEANS May 2018 OCEANS May 2018 OCEANS May 2018 Safari May 2018
safari_may_01 uomo_1804_head uomo_1804_1 urbansafari_vol2_head urbansafari_vol2_3
Safari May 2018 UOMO Apr. 2018 UOMO Apr. 2018 Urban Safari vol.2 Urban Safari vol.2
urbansafari_vol2_2 fine_1806_head fine_1806_1 oceans_mar_2018_1 oceans_mar_2018_2
Urban Safari vol.2 Fine Apr. 2018 Fine Apr. 2018 OCEANS Mar.2018 OCEANS Mar.2018
oceans_mar_2018_3 leon_feb_2018_head leon_feb_2018 diamond_2018no16_head diamond_2018no16_1
OCEANS Mar.2018 LEON Feb.2018 LEON Feb.2018 DIAMOND
2018 No.16
DIAMOND
2018 No.16
leon_Jan_2018_head oceans_jan_2018_1 oceans_jan_2018_3 oceans_jan_2018_2 oceans_jan_2018_5
LEON Jan.2018 OCEANS Jan.2018 OCEANS Jan.2018 OCEANS Jan.2018 OCEANS Jan.2018
oceans_jan_2018_4 leon_dec_2017_1 leon_dec_2017_3 leon_jan_2017_2 oceans_dec_2017_head
OCEANS Jan.2018 LEON Dec.2017 LEON Dec.2017 LEON Dec.2017 OCEANS Dec.2017
oceans_モノ・ガタリ_dec_2017 oceans_モノ・ガタリ_dec_2017 leaf_1806_head leaf_1806_1 leaf_1806_2
OCEANS モノ・ガタリ
Dec.2017_1
OCEANS モノ・ガタ
Dec.2017_2
Leaf June.2018 Leaf June.2018 Leaf June.2018
leaf_1806_3 leaf_1806_4 leaf_1806_6 leaf_1806_7 oceans_nov_2017_1
Leaf June.2018 Leaf June.2018 Leaf June.2018 Leaf June.2018 OCEANS Nov.2017
oceans_nov_2018_2 oceans_nov_2017_3 oceans_nov_2017_4 oceans_nov_2017_5 leon_nov_2017_head
OCEANS Nov.2017 OCEANS Nov.2017 OCEANS Nov.2017 OCEANS Nov.2017 LEON Nov.2017
leon_nikkei_20170922 leon_nikkei_20170922 pen_international pen_international oceans_oct_2017
THE NIKKEI
magazine style
THE NIKKEI
magazine style
Pen international
2017
Pen international
2017
OCEANS Oct.2017
oceans_oct_2017 oceans_oct_2017 oceans_oct_2017 oceans_oct_2017 oceans_oct_2017
OCEANS Oct.2017 OCEANS Oct.2017 OCEANS Oct.2017 OCEANS Oct.2017 OCEANS Oct.2017
oceans_oct_2017 car_and_driver car_and_driver diamond_7.15_2017 diamond_7.15_2017
OCEANS Oct.2017 CAR and DRIVER
Sep.2017
CAR and DRIVER
Sep.2017
DIAMOND 7/15
2017_1
DIAMOND 7/15
2017_2

Flag-ship Store / 旗艦店-京都(富小路本店)

kyoto_tominokoji_store-1.jpg
Caede building 1F/2F,Tomino koji Nishiki agaru,Nakagyo-ku,Kyoto,Japan
京都市中京区富小路錦上ル高宮町584 Caedeビルディング 1F/2F

kyoto_tominokoji_store-1.jpg

kyoto_tominokoji_store-1.jpg

kyoto_tominokoji_store-1.jpg

kyoto_tominokoji_store-2.jpg
kyoto_tominokoji_store-2.jpg

アレサンドロの逸品が日本の京都に!
京都の中心部、四条大通りから富小路を曲がり徒歩5分。
錦市場を越えて30m右側に建つ4階建て旗艦ビル。
巨匠にして父のガブリエール氏が手掛けるブランド
“L'ELISIR”富小路本店にて、アレクサンドロが創る
バッグの逸品も全て、手に取ってご覧いただけます。
  “L'ELISIR”富小路本店
京都市 中京区 富小路錦上ル高宮町584 Caedeビル
Caede building,Tomino koji Nishiki agaru,Nakagyo-ku,Kyoto
営業時間:10:00〜20:00(無休)
BRAND:
L'ELISIR(by Gabriele Candelori)
Da Vinci FARO(by Alessandro Candelori)




Tokyo GINZA Store / 東京 (和光銀座 本館4F)

tokyo_store_barRR_180313 tokyo_store_1_180313 tokyo_store_2_180313 tokyo_store_3R_180315 tokyo_store_4R_180315
tokyo_store_info_bar_180313 tokyo_store_info_1R_180313





tokyo_store_bar_1_180313

HANEDA AIRPORT STORE | ブティック和光 羽田第1ターミナル店
           第1旅客ターミナル-マーケットプレイス 4F


tokyo_store_info_2R_180313
tokyo_store_info_bar_180313 tokyo_store_info_3R_180313

tokyo_store_bar_2_180313

HANEDA AIRPORT STORE | ブティック和光 羽田第2ターミナル店
           第2旅客ターミナル-マーケットプレイス 3F


tokyo_store_info_4R_180313
tokyo_store_info_bar_180313 tokyo_store_info_5R_180313

ページトップへ